白くて肉割れのない肌は確かに理想だけど難しい

妊娠線予防にあわせて美白のことも調べてみた

もともと美白化粧品について詳しかったわけではありませんが、いくつかの成分については使ったことがありました。
例えばビタミンC誘導体です。安定化させてるので浸透しやすいと言われています。シミやニキビ痕にもいいと聞いたことがあります。
化粧水に入ってることが多いようですが、濃度の違いによって効果も違うと思われます。
あとはハイドロキノン誘導体とも言われるαアルブチンかな。これも何もなく単にアルブチンと書かれているものはβのほうのアルブチンのことが多いみたいです。この違いについては正直よく分かりませんが、メーカーさんによって見解も違うようですので、どちらのほうが効果があるとかは分かりません。
これらの成分、ビタミンC誘導体やアルブチンについては医薬部外品として入ってることもあります。
そしてハイドロキノンです。これはそういうのではなく、ただの化粧品として入っています。
濃度が商品によって違います。処方してもらうものはまた違います。
ではどのくらいのがいいのか。それは分かりませんし、これからも分からないと思います。なぜかというと、お肌の質は人によって違うということもありますし、その他の要因も違うからです。
ハイドロキノンがシミに効くかどうかはいろんな声があるので、それを参考にするのもいいのですが、決してそれが全ての人に当てはまるものではないということだけは頭に入れておきたいと思います。
口コミにいいところは判断材料としていいのですが、ついつい私にも同様の効果があると信じてしまいますが、そうではないということも意識しておきたいところです。

 

さて、これは妊娠線予防とか肉割れのことを調べてるついでに知った情報なのですが、実際こんなこと普段から考えてるわけではありません。
妊娠線が本当に消えないのかは分からないけど、シミも出来てしまうと消えないなんて聞きますよね。
肉割れと妊娠線予防と美白について
実際のところ、何か、肌の調子が悪くなってから考える人がほとんどなのではないでしょうか。私もその中の一人であるのは間違いありませんけど。